トイレの水漏れが見つかったら

トイレの水漏れが見つかったら 日常的に使っていくことになる設備として、絶対に欠かすことができないのはトイレです。他に代用する方法はありませんし、衛生的に考えても欠かすことができない設備なのはだれでもわかるところでしょう。最近では災害などによって使うことができなくなったときに、確保するのが大変なこともよく知られるようになりました。
家庭の中でも水漏れを起こしたりすれば、使うことができなくなります。突然起こることもありますが、実際にはわずかに漏れていたり予兆を見逃していることもあるはずです。トイレの水漏れはしっかりと修理しておかなければ、大きな損失を生み出すもとになってしまう可能性があります。

■水を止めてから始める

トイレの水漏れでもっとも重要なことは、まずは水を止めることにあるでしょう。床にまで達しているときには、まずは水を止めなければ原因の追究どころではありません。もちろん、修理ができる状況にもならないのですから、被害を拡大しないようにしていく必要があります。
まずは止水栓を閉めて給水を止めなければいけません。止水栓はトイレの近くに必ず設置されているため、閉めるだけで給水は止まります。普段から気にしていると、その存在がすぐにわかるようになりますが、見ておかなければどこにあるのかもわからないでしょう。閉める方法としては、マイナスドライバーを使うタイプが一般的ですが、どんな方法を使うのか事前に確認しておけば、いざという時にも安心です。

■水漏れしてしまう原因は
水漏れをしてしまう原因はいろいろとあります。もともと漏れないように陶器で作られてはいますが、部品同士を接続するためには、別の部品を使っていかなければいけません。接続部品と呼ばれますが、こうしたところから水漏れする可能性があるということは理解しておきましょう。特に後付けしたりしたものは、確実に接続できているとは限らないため、水漏れが発生する可能性が高いと考えた方がいいでしょう。
パッキンやナット、ゴムホースなども使われますが、これらは時間とともに劣化していきます。消耗品と考えなければならないもので、定期的に交換が必要です。ウォシュレットなどもあとからつけることもありますし、接続部品を使っていくことになるため、修理が必要になってくることがよく見られます。

■トイレを交換しなければいけないとき

トイレは壊れないものとして考えている人が少なくありませんが、実際には永遠に壊れないものはありません。陶器であることから、強い力がかかれば割れてしまうことも考えられます。寿命としては比較的長いスパンを持っていますが、生活の中で衝撃を与えてしまったりする可能性はゼロにはならないでしょう。
もしも、ひびが入ってしまったりする大きなダメージが発生すれば、トイレそのものを交換するといったことを考える必要があります。タンクだけ交換できることもありますが、そもそも部品が手に入らなかったりすれば、すべて交換しなければいけないこともあるのは理解しておかなければいけません。
単純にトイレ 水漏れと思っていても、実は大きな出費につながってしまうことも出てきますので、普段から大切に使うよう気をつけましょう。

■まとめ
トイレの水漏れは、いろいろなサインになっています。経年劣化するものもありますが、実際には気が付きにくいものです。なかなか見にくい場所にあったりもしますし、構造を知らなければ、点検することも難しいのが現状です。自分で交換できるものもありますが、これも部品の存在を知る必要がありますし、構造的な知識も必要になってきます。だれでもできることではありませんので、自分に自信がない時には、水漏れを見逃さずに専門家に依頼する必要があります。参考にしながらいざという時のために対処方法を覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース